2017年に起きたプロ野球を中心に話題のニュースをまとめたサイトです

国際試合

2017年WBC 2次ラウンド対戦チームのオランダ先発投手はソフトバンク・バンデンハーク投手。日本での成績や年俸、話題の嫁を紹介「画像あり」

投稿日:

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝ラウンド進出をかけた2次ラウンドが12日、東京ドームで開幕します。各チームの予告先発が発表され、日本はロッテの石川歩投手を、そして日本の初戦対戦チームであるオランダがリック・バンデンハークと発表しました。

今記事ではオランダの先発投手であるバンデンハーク投手について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

バンデンハーク投手のプロフィール

バンデンハーク投手はNPBの福岡ソフトバンクホークスに所属している投手です。簡単なプロフィールを紹介します。

名前   :ヘンリカス・ニコラス・バン・デン・ハーク

生年月日 :1985年5月22日

身長   :198cm

体重   :105kg

出身地  :オランダ

投打   :右投げ右打ち

バンデンハーク投手の経歴

現・福岡ソフトバンクホークス所属のバンデンハーク投手の野球歴について紹介していきます。

2002年 セントジョージ短大を卒業後、フロリダ・マーリンズと契約。当時は捕手だったが、投手に転向。

2007年 4月にメジャーデビューを果たすも、結果が残せず4月にマイナー降格。6月に再昇格し、ブレーブス戦でメジャー初勝利をあげる。

2009年 第2回のWBCオランダ代表に選出される。オランダ代表先発投手の2番手として、1次ラウンドのプエルトリコ戦と2次ラウンドのアメリカ戦に先発登板。プエルトリコ戦では3回1/3無失点と好投するも、アメリカ戦では2回3失点で敗戦投手になっている

2010年 7月にトレードでボルチモネ・オリオールズへ移籍。

2012年 2月にFAでトロント・ブルージェイズと契約するも、3月にはウェーバーでクリーブランド・インディアンズに移籍。さらに4月にはピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約をおこなう。

2013年 1月にパイレーツを放出され、韓国プロ野球サムスン・ライオンズと契約。24試合に登板し、7勝をあげてチームに貢献。韓国シリーズでも3試合に登板し、防御率1.04と韓国シリーズ3連覇に貢献した。

2014年 25試合に登板し、13勝をあげる。最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲得。韓国シリーズ4連覇にも貢献した。

2015年 NPB福岡ソフトバンクホークスに移籍。シーズン当初は他の外国人投手3人が好調だったため、2軍で好投するもなかなか1軍の登板機会は回ってこなかった。6月の広島戦で初先発し、初勝利を挙げる。その後、先発ローテーションに定着し、9勝0敗とデビューから無敗のままシーズンを終える。

2016年 開幕から勝利を重ね、デビューから14連勝の日本記録を更新した。だが、その後は怪我によりシーズン7勝にとどまる。

年度 登板 勝利 敗戦 勝率 投球回 被安打 被本塁打 与四死球 奪三振 防御率
2015 15 9 0 1.000 93 69 6 26 120 2.52
2016 13 7 3 0.700 82 64 14 16 92 3.84

投手としての特徴

198cmの長身から最速155km/hの速球とスライダー、ナックルカーブ、チェンジアップの変化球を投げる。

速球が武器だが、制球も良く奪三振が多く与四球は少ない。奪三振と四死球の割合をはかる指標である「K/BB」も2016年は6.13と規定投球回数には達してはいないが、リーグ1位相当の数値だった。

また、ゴロアウトが少なく、フライアウトが多いのも特徴。昨年は82イニングで14被本塁打とホームランを多く打たれている。

バンデンハーク投手の年俸

昨季シーズン途中でソフトバンクと3年12億で契約を更改した。2016年の年俸が1億5000万円だったので、年間では2億5千万のアップとなる更改となつた。

美人と話題のバンデンハーク投手の妻

バンデンハーク投手が初勝利のニュースで一緒に注目されたのが妻のアナ夫人。アナ夫人はバンデンハーク投手の5歳年下。

同じく美人妻を持つ巨人マイコラス投手の夫人は芸能界デビューするなど話題がありましたが、アナ夫人に関しては公の場には出たくないようで、バンデンハーク投手も奥様を公の場には出したくないそうです。

スポンサーリンク

-国際試合

執筆者:hoto-r


comment

関連記事

侍ジャパン

【侍ジャパン】選出されなかった選手について

侍ジャパン率いる小久保監督が24日、WBC出場登録選手28人のうち27人を発表しました。残り1人に関しては辞退の申し出があったようで残り1人は野手を想定しており、決定次第発表されるようです。 スポンサ …

WBC日本代表ソフトバンク松田

WBC アメリカ戦敗退後にインタビュアーの松田選手と菊池選手に対する質問が不快と話題。

3月22日に行われた2017年WBC(ワールドベースボールクラシック)準決勝 日本VSアメリカは、1対2でアメリカが勝利し、日本は準決勝敗退となってしまいました。 試合は終始接戦で手に汗握る内容でした …

検索

スポンサーリンク